とやま起業未来塾 学ぶ士の会 会則

第1条(目的)

「とやま起業未来塾 学ぶ士の会」(以下「学士会」という。)は、とやま起業未来塾(以下「未来塾」という。)の修了生間の交流、相互の啓発等を通じて、連携等に努め、修了生の新たな事業等の充実及び発展を図ることを目的とする。

第2条(事業)

学士会は、次の事業を行う。
    (1)各種交流会への参加
      (2)会員間のビジネス連携の促進
      (3)メーリングリストの開設及び運営
      (4)メールマガジンの配信
      (5)ホームページの作成・運営
      (6)その他必要な事業

第3条(会員)

      (1)学士会の会員は、未来塾の修了生とする。
      (2)会費納入をもって正会員とし、それ以外は準会員とする。正会員は、会の行事に参加することができ、総会の議決権を有する。
      (3)未来塾のの塾生は、当該受講年度から会の行事にはオブザーブ参加できるものとする。
      (4)学士会の集う活動を賛助する者で会費を納入した者を賛助会員とする。賛助会員は、会の行事に参加することができるが、総会の議決権を有しない。

第4条(世話人会)

      (1)学士会の事業の企画・運営を行うため、世話人会を置く。
      (2)世話人会は、各期の代表者1名以上(以下「世話人」という)で構成する。
      (3)世話人会には、会長を置き、世話人会を主宰する。
      (4)会長は、世話人の互選とし、総会で承認を受けなければならない。
      (5)会長は、副会長と監事を選任する。

第5条(事務局)

会務を処理するため、財団法人富山県新世紀産業機構に事務局を置く。

第6条(会費)

会長は、会員から会費を徴収できるものとし、金額等詳細は別に定める。

第7条(補足)

この会則に定めるもののほか、学士会の運営に関し必要な事項は、世話人が規則に定める。

第8条(退会)

会員がやむを得ず会を退会する場合は、退会届を会長に提出し、世話人会の承認を必要とする。
      会員が死亡した時には、退会したものとみなす。

第9条(復会)

退会した会員は、復会届を会長に提出し、復会する年度の会費を納入すれば復会ができる。

附則

      この会則は、平成18年7月14日から施行する。
      この会則は、平成21年6月5日から施行する。
      この会則は、平成22年3月15日から施行する。
      この会則は、平成23年4月18日から施行する。
      この会則は、平成24年4月14日から施行する。
      この会則は、平成29年4月22日から施行する。