ぜんだ のぞみ

善田 希

1期 ものづくりコース

あみ結び協会

理事長

930-0077 富山市磯部町3-3-1

amimusubi.com

zenda_at_amimusubi.com

※迷惑メール対策のため、_at_は半角@に変更してください

竹細工や籐工芸に用いられる「網代編み」や「六つ目編み」は、古くからある技法(模様)です。歴史は古く、縄文時代後期の遺跡から出土した木製品に、この加工が施されていた事がわかっています。4,000年以上も昔から、この技法は受け継がれています。
日本で生まれた文化、4,000年も続いてきた技法、私たちの祖先が大切にしてきたものを、後世にも残したい。「モノ作り」の原点…手で“あむ”こと“結ぶ”ことを子孫にも伝えたい。世界に向けて発信したい。そんな想いで「あみ結び協会」はスタートしました。
紙バンドと言う素材を使って、古くから伝わる技法でかごやバッグ、雑貨を作る講座を開催しています。と同時に、講座を開催するインストラクターの養成にも力を入れています。
講座は全国各地で開催。多くの受講生が学んでいます。またオンライン講座も開講。海外の受講生も受け入れ可能です。